娘との楽しみ


私には2人の娘がいます。

2人の娘は私に似て歌を歌うのが大好き!

私に似てというのは、私も子供のころから歌が好きでいろいろな歌手の歌やアニソンなんかを歌ってきました。

この間は、娘と3人でカラオケに行ってきました。

これも私の影響からか二女は、尾崎豊や松任谷由実等(シブい!)、俺の歌をとるなーって感じで歌って、長女は、私にはわっからーんってな感じで、とにかく楽しかったです。

私はというと、当然のこと松山千春から山下達郎から尾崎豊も当然歌いました。

でも、残念ながら年のせいで、昔よく歌えていた小田和正(オフコース含む)なんかの歌は、声が出なくて途中であきらめました。

年は取りたくないものです。

私も高校時代には友達とバンドを組んで文化祭なんかで、松山千春やオフコースをよく歌ったもんでしたが、最近は高い声がなかなか出ない。

早い歌についていけない。特に尾崎豊の曲は、言葉が多すぎて追いつかないこともあります。娘から「パパーがんばれ!」なんて声をかけられると情けなくなってしまいますよね。

でも、50歳を過ぎても娘とカラオケに行けることは本当に楽しいし、嬉しいことですよね。「娘よありがとー」て言いたいです。

昔は、カラオケを歌いたいときはカラオケスナックで見ず知らずの人の前で、ステージに上がって歌うしかなかったけど、今は自由に好きな人と歌える。こんな楽しいことはないですよね。

これからも娘たちと一緒に歌いにカラオケボックスに行きたい。なんて思う今日この頃でした。






Copyright © 2016 みち君の自由日記 All Rights Reserved.